皆様の相続手続に必要な戸籍の取得は『戸籍取り寄せ代行サービス』にお任せください!

行政書士 大倉雄偉

相続

単純承認とは

相続が発生すると、残された相続人は被相続人(故人)の遺産について相続するか、若しくは放棄するかを「相続の発生を知った時から3か月以内」に選択しなければいけません。選択には「単純承認」「限定承認」「相続放棄」の3種類があります。今回は、その...
戸籍

なぜ相続で戸籍が必要なのか?

相続をご依頼されたお客様で戸籍を取得する旨を説明すると、 「なぜ、戸籍が必要なんですか?」 「戸籍を取得しなくても相続人はわかります!」 などと、相続について戸籍謄本や改製原戸籍謄本が必要な理由についての質問をうけること...
戸籍

郵送で戸籍を取得する

本籍地が遠方にあったり、平日に役所に行く時間が無いなどの場合には、戸籍を郵送で取得することができます。こちらのページでは、戸籍謄本(抄本)等の郵送取得について方法や料金について解説しています。 郵送取得の手続 必要物 ⑴...
用語説明

定額小為替とは?

定額小為替 定額小為替(ていがくこがわせ)はゆうちょ銀行が発行する現金を定額小為替証書に換えて送付する送金方法です。 たとえば、本籍地が遠方にあり、戸籍の請求などを市区町村役場に郵送請求する際に、手数料を定額小為替で支払います...
戸籍

戸籍の附票とは何か

戸籍の附票とは 戸籍の附票とは、本籍地のある市区町村役場において戸籍の原本と一緒に保管されている書類で、その戸籍が作られた日から、現在に至るまでの住所の記録がされているものです。 戸籍の附票はどんな時に必要か 戸籍の附票...
戸籍

養子縁組を行った場合の戸籍

養子縁組に関する事項 養子縁組の要件 ・養親が20歳に達している・養子となる者が、養親の嫡出子、養子でないこと・養子となる者が養親となる者の尊属ではないこと・後見人が被後見人を養子とする場合は、家庭裁判所の許可を得ていること・...
戸籍

相続で必要な戸籍

相続で必要な戸籍 相続が発生すると、推定相続人は相続人を確定するために必ず戸籍謄本(戸籍抄本)を取得しなければなりません。相続で必要な戸籍は大きく2つにわけられます。1つ目は被相続人(故人)の戸籍です。相続では被相続人の出生から死亡...
戸籍

戸籍に記載されている事項

戸籍謄本(抄本)とは 戸籍謄本は戸籍の記載事項の全部の写しです。戸籍抄本は戸籍の記載事項の個人や複数人の写しです。戸籍には、戸籍法13条により記載事項が定められています。(以下「戸籍への記載事項」に記載。) 戸籍への記載事項 ...
戸籍

コンビニで戸籍を取る方法

戸籍は従来は、市区町村役場の窓口まで請求しに行かなければなりませんでした。しかし最近では、コンビニで戸籍を取得する方法も注目されてきています。(コンビニ交付) コンビニ交付では戸籍以外にも「住民票の写し、印鑑登録証明書、戸籍の附票」...
戸籍

【簡単】戸籍の取り方はこちら

相続が発生すると、名義変更等の際に必ず戸籍謄本(戸籍抄本)が必要となります。たとえば、戸籍が必要とされる場所の例として、「税務署・金融機関・法務局」等が挙げられます。 この記事では、戸籍謄本や戸籍抄本の違いに触れながら、これらの取り...